「 脱毛が困難なタイプ 」一覧

脱毛が難しいタイプとは?

現在脱毛サロンで主流になっている、フラッシュ脱毛光脱毛IPL脱毛とも呼びます)には、一部に脱毛効果が薄く感じられるという人もいるかもしれません。

その理由と、なぜそう感じるのかをご存知でしょうか。フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、メラニン色素に反応して、そこを焼くというった方式での脱毛です

幼いころの実験で、黒く塗りつぶした個所に、太陽の光を虫眼鏡で集めて、焼いたという記憶がありますでしょうか?原理としては、その焼くことで毛根から、毛が生えないような仕組みとなっているのです。

その為毛の色が茶色や金髪の人は、光が焼く個所を特定しにくくなるため、脱毛効果が減るという訳です。また逆に肌の色が濃すぎる人、こちらもフラッシュやレーザータイプの脱毛には向いていません。

毛の色が薄い人とは反対に、今度はフラッシュやレーザーが肌の色に反応をしてしまい、皮膚をヤケドさせてしまう危険性があるためです。

またこれ以外では、毛そのものが細い人や産毛を処理したい場合も、光が反応しにくいという理由で、脱毛効果が感じられにくくなるようです。

このような条件の人が、それでも脱毛したい場合、ニードル式の脱毛がありますが、こちらは現在施術をしている箇所が少なく、また体への負担も大きいため、ネットなどで内容や料金を確認して相談してみましょう